金利がもったいないと感じる人は低金利カードローンを探す

銀行からお金を借りると、どうしても金利がついてきます。
それが多額になると、金利が何%か違うだけで年間何千円の違いというパターンも出てきます。

インターネットの検索サイトで探すと金利の低いカードの紹介も出てきます。
金利の実質年率はその借りる利用者の信用によっても変わってきます。
カードローンを申し込む際に審査がありその結果にもよるので、みんな一緒とは限りません。
低金利のカードローンは多額のお金を借りる場合や、長い期間返済をする場合に検討するべきカードローンとなります。金利が低ければ支払う返済額も金利が低い分抑えられるのです。

支出が減れば家計も助かります。銀行でカードローンのパンフレットを見ると金利の記載がありますが、その時は高い方の数字を見比べてみるべきです。高い数字以上の金利を取られることはないものの、このくらいの金利を取られることを前提にカードローンを選ぶべきです。

それは普段使っている銀行のカードローンで満足できなければ、他の銀行のカードローンを検討するのも考えてみましょう。

カードローンの審査時間短縮化の現在

カードローンの審査に要する時間は、金融機関によって異なります。

一般的には、消費者金融ならわずか1時間程度で審査結果が分かるとされています。
それに対して、銀行カードローンの場合は1日から2日程度の時間が必要になることが多いと言われているのです。

ところが最近の銀行では、カードローンの審査時間がずいぶん短くなってきているみたいです。中には、消費者金融と同様に申し込みからわずか数時間で審査結果が分かる銀行もあるのです。

銀行カードローンの審査時間が短縮されると、急いでお金を借りたい方でも銀行が利用できるようになるという変化が生まれます。消費者と銀行のカードローンで審査時間の差がほとんどなくなると、利用者には選択肢が増えるというメリットが生じるのです。

今のカードローン商品では、審査はほとんどがコンピュータ化されています。昔は時間がかかっていた審査の大部分をコンピュータ化することで、審査全体の時間が劇的に短縮されました。同様に、審査後の融資手続きもコンピュータによって時短化されつつある銀行が増えています。

マイカーのローン審査に受からなかったら?

・特徴を知っておくと安心!マイカーローン

従来通常のフリーローンに比べてマイカーローンは融資額・返済期間ともにゆとりがあり、しかも金利が安いところが特徴ですした。
しかし各ローン会社の審査が一斉に厳格化しました。それは以前はクリアできた審査に落ちマイカーローンを組めないというケースも増加しているからです。これは近年の長引く不況や総量規制などの影響もあるでしょう。
審査に落ちる原因にはこんなものがあります。

マイカーローン審査に落ちてしまうケース

1.年収と融資希望額が自分の年収と合わない
マイカーローンは年収の3~4割が融資額の上限と言われますが誰でも融資限度額まで借りれないのです。一般的にはたとえば年収500万円の方なら150~200万円程度が限度となっています。大体マイカーローンは最大で500から700万円位の融資枠を設けています。
200万円以上する車は多いですが、まずは頭金を用意するなど年収の3~4割で不足するときには考える必要があります。

2.保証人がいないときは?
就職・転職して日が浅い方や未成年は基本的にマイカーローンに保証人をつける必要な場合があります。このとき自分より返済能力の低い保証人や、保証人をつけられなかったりを立てると審査に受からない場合がある事が多いです。

3.申し込み社が複数ある時
あまり知られて無い事ですが、実は自分のローン申込み履歴も同様にローンの返済遅延や債務整理・自己破産などの借入事故の記録が個人信用情報機関に登録されています。複数社に短期間で審査に落ちれば当然の事ですが
どのローン会社でも敬遠されて、審査に通りずらくなります。これを『ブラックの申し込み者』と言います。
短期間に申し込んだローンの申込み履歴は半年ほど残るので最低でも2社までにしていく方が無難です。

対策方法~審査に落ちたときには?

マイカーローン審査に全て落ちた場合は、通常ある程度はブランクをあけないと審査に通りませんね。
しかし、半年以上申込みを待つなんていうのは通勤などの関係で今すぐ自動車が欲しいという方には難しいですよね。

そういった時には、『モビット』や『オリックスVIPローンカード』などのカードローンをがおすすめですね。
これはマイカーローンとは審査の基準がカードローンの場合には異なるので、審査に通る可能性が申込みブラックの方だってありますよね。

また、年収による借入上限がカードローンにはないため、希望額通りの融資を条件次第では受けることも可能ですね。
更には保証人のあてがない方でもカードローンは原則として保証人・担保が不要ですから融資を申し込むことが可能になっていくのです。

銀行系カードローンと総量規制

銀行系カードローンとその他のカードローンでは決定的な違いがあります。それは総量規制の対象になるかならないかです。銀行系カードローンでは総量規制の対象になりませんが、それ以外のカードローンは総量規制の対象になります。
総量規制は年収の三分の一以上の借り入れができないという制度ですが、この制度は改正貸金業法で規制される貸金業者に適用されるので銀行法で規制される銀行には適用されないということです。
しかし、勘違いしてはいけません。銀行系カードローンが総量規制の対象外であるから、銀行系カードローンが借りやすいというわけではありません。カードローンを申し込む人は信用情報機関の個人信用情報を参考にされますから、年収の三分の一以上の借り入れがすでにあるような人が銀行系カードローンを申し込んだとしても、審査に通過するということはまず不可能といっていいと思います。
甘い考えで銀行系カードローンを申し込むことは控えるべきでしょう。