銀行系カードローンと総量規制

銀行系カードローンとその他のカードローンでは決定的な違いがあります。それは総量規制の対象になるかならないかです。銀行系カードローンでは総量規制の対象になりませんが、それ以外のカードローンは総量規制の対象になります。
総量規制は年収の三分の一以上の借り入れができないという制度ですが、この制度は改正貸金業法で規制される貸金業者に適用されるので銀行法で規制される銀行には適用されないということです。
しかし、勘違いしてはいけません。銀行系カードローンが総量規制の対象外であるから、銀行系カードローンが借りやすいというわけではありません。カードローンを申し込む人は信用情報機関の個人信用情報を参考にされますから、年収の三分の一以上の借り入れがすでにあるような人が銀行系カードローンを申し込んだとしても、審査に通過するということはまず不可能といっていいと思います。
甘い考えで銀行系カードローンを申し込むことは控えるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>