ライフカードは消費者金融?それともクレジットカード?

ライフカードは消費者金融会社なのか、それとも信販会社いわゆるクレジットカード会社なのかわかりにく方も多くいらっしゃると思います。実際にはどちらのサービスも併用できるクレジットカード会社だと言えます。

ライフカードの前身であるライフは、1990年代、旧日本長期信用銀行が主力銀行であった時代に信販会社として台頭した会社です。しかし、旧長銀が破たんし、2001年にアイフルの傘下になりました。親会社が消費者金融専業のアイフルに変わったことから、ライフのサービス内容は一変しました。その後、アイフルが行政処分を受け、ライフも大きな打撃を受けてしまったのです。

2009年末、アイフルの事業再生計画が成立するに伴い、ライフは事業縮小の憂き目に遭いました。ライフのサービス拠点であったキャッシュプラザと、クレジットカードの入会手続き及び携帯電話・各種チケットの販売を手掛けるライフカード店も閉鎖に追い込まれました。これにより貸金事業やクレジットカード、信販事業から事実上の撤退となったのです。この時点で、ライフの貸付残高は650億円あり、加えて過払い金請求の負担も残されていました。

事業縮小に伴うリストラによってライフの社員数は半減、社内では士気の減退が歯止めのきかない状態でした。しかし、ライフの歴史はここではまだ終わりません。ライフは新会社ライフカードとして復活、信販及び貸金業の事業者登録などの認可を受けてクレジットカードサービスへ参入しました。

旧長銀の破たんによりアイフル傘下に収まるも、アイフル行政処分に巻き込まれて一時は消滅の危機を迎えましたが、新会社として復活。それから10年が経ち、現在はライフカードとして生き残りを図っています。

住宅ローンは金利だけにとらわれると後悔するかも…

家を購入するために多くの人が利用する住宅ローン。夢のマイホームを手に入れるためにはしかたのないことなのですが、それにしても家計には大きな負担です。

それゆえに住宅ローンを検討する時には少しでも低金利なものを探そうとするのですが、あまり金利にばかりこだわっていると思わぬ事態に陥りかねません。

住宅ローンを契約する際には融資手数料や保証料、繰り上げ返済時の手数料などさまざまな経費のことも考慮する必要があります。いくら低金利でもこれらの経費がかさばるのであれば意味がありません。また団体生命保険料に関する事項なども考慮する必要があるでしょう。

住宅ローンを検討する際には金利だけでなく総合的な見地から判断しなければなりません。金融機関のホームページやネット上の比較サイトなどあらゆる情報源を精査して、後悔しない住宅ローンを選択しましょう。

自分に最適の銀行系カードローンの選び方とは

銀行系カードローンの人気が高まっています。銀行は社会的な信用度が高いので安心して利用できます。また借入条件がよく金利が低いので返済しやすいメリットがあります。また銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融系のような年収の3分の1以下という借入制限がありません。利息が低くて借入限度額が高いのは、お金を借りる上では理想的だといえます。なので最近は銀行系カードローンはおまとめローンなどにも広く活用されています。
ただ銀行系カードローンといっても、銀行や商品の種類によって金利や上限貸付額や返済月額などの個別の条件はまちまちです。そのため自分の都合や条件に合わせて、最適な銀行系カードローンを選択することが重要です。最近ではネットの比較サイトも充実しており判断の手助けになります。

条件がよいからといって必ずしも自分に合うとは限りません。銀行によっては審査条件が厳しくて、審査通過できない場合もあります。銀行系カードローンを選ぶときは、基本的に大手の有名銀行の中から選択するのが無難です。知名度が高く多くの人が利用して評判がよければ、かなり確実な情報で信頼性も高いといえるからです。

金利がもったいないと感じる人は低金利カードローンを探す

銀行からお金を借りると、どうしても金利がついてきます。
それが多額になると、金利が何%か違うだけで年間何千円の違いというパターンも出てきます。

インターネットの検索サイトで探すと金利の低いカードの紹介も出てきます。
金利の実質年率はその借りる利用者の信用によっても変わってきます。
カードローンを申し込む際に審査がありその結果にもよるので、みんな一緒とは限りません。
低金利のカードローンは多額のお金を借りる場合や、長い期間返済をする場合に検討するべきカードローンとなります。金利が低ければ支払う返済額も金利が低い分抑えられるのです。

支出が減れば家計も助かります。銀行でカードローンのパンフレットを見ると金利の記載がありますが、その時は高い方の数字を見比べてみるべきです。高い数字以上の金利を取られることはないものの、このくらいの金利を取られることを前提にカードローンを選ぶべきです。

それは普段使っている銀行のカードローンで満足できなければ、他の銀行のカードローンを検討するのも考えてみましょう。

カードローンの審査時間短縮化の現在

カードローンの審査に要する時間は、金融機関によって異なります。

一般的には、消費者金融ならわずか1時間程度で審査結果が分かるとされています。
それに対して、銀行カードローンの場合は1日から2日程度の時間が必要になることが多いと言われているのです。

ところが最近の銀行では、カードローンの審査時間がずいぶん短くなってきているみたいです。中には、消費者金融と同様に申し込みからわずか数時間で審査結果が分かる銀行もあるのです。

銀行カードローンの審査時間が短縮されると、急いでお金を借りたい方でも銀行が利用できるようになるという変化が生まれます。消費者と銀行のカードローンで審査時間の差がほとんどなくなると、利用者には選択肢が増えるというメリットが生じるのです。

今のカードローン商品では、審査はほとんどがコンピュータ化されています。昔は時間がかかっていた審査の大部分をコンピュータ化することで、審査全体の時間が劇的に短縮されました。同様に、審査後の融資手続きもコンピュータによって時短化されつつある銀行が増えています。

マイカーのローン審査に受からなかったら?

・特徴を知っておくと安心!マイカーローン

従来通常のフリーローンに比べてマイカーローンは融資額・返済期間ともにゆとりがあり、しかも金利が安いところが特徴ですした。
しかし各ローン会社の審査が一斉に厳格化しました。それは以前はクリアできた審査に落ちマイカーローンを組めないというケースも増加しているからです。これは近年の長引く不況や総量規制などの影響もあるでしょう。
審査に落ちる原因にはこんなものがあります。

マイカーローン審査に落ちてしまうケース

1.年収と融資希望額が自分の年収と合わない
マイカーローンは年収の3~4割が融資額の上限と言われますが誰でも融資限度額まで借りれないのです。一般的にはたとえば年収500万円の方なら150~200万円程度が限度となっています。大体マイカーローンは最大で500から700万円位の融資枠を設けています。
200万円以上する車は多いですが、まずは頭金を用意するなど年収の3~4割で不足するときには考える必要があります。

2.保証人がいないときは?
就職・転職して日が浅い方や未成年は基本的にマイカーローンに保証人をつける必要な場合があります。このとき自分より返済能力の低い保証人や、保証人をつけられなかったりを立てると審査に受からない場合がある事が多いです。

3.申し込み社が複数ある時
あまり知られて無い事ですが、実は自分のローン申込み履歴も同様にローンの返済遅延や債務整理・自己破産などの借入事故の記録が個人信用情報機関に登録されています。複数社に短期間で審査に落ちれば当然の事ですが
どのローン会社でも敬遠されて、審査に通りずらくなります。これを『ブラックの申し込み者』と言います。
短期間に申し込んだローンの申込み履歴は半年ほど残るので最低でも2社までにしていく方が無難です。

対策方法~審査に落ちたときには?

マイカーローン審査に全て落ちた場合は、通常ある程度はブランクをあけないと審査に通りませんね。
しかし、半年以上申込みを待つなんていうのは通勤などの関係で今すぐ自動車が欲しいという方には難しいですよね。

そういった時には、『モビット』や『オリックスVIPローンカード』などのカードローンをがおすすめですね。
これはマイカーローンとは審査の基準がカードローンの場合には異なるので、審査に通る可能性が申込みブラックの方だってありますよね。

また、年収による借入上限がカードローンにはないため、希望額通りの融資を条件次第では受けることも可能ですね。
更には保証人のあてがない方でもカードローンは原則として保証人・担保が不要ですから融資を申し込むことが可能になっていくのです。

銀行系カードローンと総量規制

銀行系カードローンとその他のカードローンでは決定的な違いがあります。それは総量規制の対象になるかならないかです。銀行系カードローンでは総量規制の対象になりませんが、それ以外のカードローンは総量規制の対象になります。
総量規制は年収の三分の一以上の借り入れができないという制度ですが、この制度は改正貸金業法で規制される貸金業者に適用されるので銀行法で規制される銀行には適用されないということです。
しかし、勘違いしてはいけません。銀行系カードローンが総量規制の対象外であるから、銀行系カードローンが借りやすいというわけではありません。カードローンを申し込む人は信用情報機関の個人信用情報を参考にされますから、年収の三分の一以上の借り入れがすでにあるような人が銀行系カードローンを申し込んだとしても、審査に通過するということはまず不可能といっていいと思います。
甘い考えで銀行系カードローンを申し込むことは控えるべきでしょう。

海外ではどうやってキャッシングするの?

海外キャッシングというのは、名前そのままで日本国外、つまり海外でキャッシングをすることです。海外キャッシングは、VISAカードやマスターカードなら大抵の世界の主要都市で対応できます。

現在はJCBカードでもいろいろな地域での利用が可能となっています。

ただし、一般的なショッピングでしか使えないクレジットカードの場合だと海外キャッシングすることはできないので、海外旅行に出かける前にカード会社にキャッシングができるかどうかを確認しておく必要があります。

海外でクレジットカードを使う際、海外キャッシングサービスの他にも、保険などのさまざまなサービスが付随していることが少なくありません。

海外旅行先でトラブルが発生してしまった時、レストランやホテルを探したり予約する時などにも利用できるデスクサービスが備わっていますので、こういったサービスに関しても、海外旅行に出かける前にカード会社に聞いておくと非常に便利です。

海外キャッシングを利用する際の注意点として、為替手数料が必要となることも知っておかなければいけません。

為替相場は日によって変わりますので、支払いの際にはその点もきちんと把握しておくことが必要です。

また、海外キャッシングを利用すると当たり前ですが利息が発生しますので、発生する利息分を節約したい場合には、カード会社に連絡して繰り上げ返済して早々にお金を返すこともできます。これは、利息という余計なお金を払わずにすむ海外キャッシングの賢い利用の仕方です。

海外に現金を持って行くのは不安だけど、利息として余計なお金を払うのが嫌だという方には、繰り上げ返済を利用するのがおススメです。

銀行系カードローンなら専業主婦でも借入できる

専業主婦でも日頃お金が不足して困ることがあります。
子供の教育費や交際費や各種の支払いやお買い物など、様々なお金が必要となります。残念ながら専業主婦の場合は本人に収入がないので消費者金融系のキャッシングを利用できません。

2010年6月に改正貸金業法が完全施行されて総量規制が導入されたために、専業主婦は貸金業者から事実上お金を借りれなくなったのです。

でも銀行系カードローンなら専業主婦でも申込み可能です。
銀行は総量規制の対象外なので、収入のない専業主婦でも利用可能なのです。
しかも申込みもネットで24時間いつでも気軽にできます。
主婦の運転免許証1枚で契約可能で、夫の収入証明や同意書なども必要ありません。
なので夫に内緒でカードを作ってヘソクリ的にも使えるのです。

もちろん専業主婦が銀行系カードローンで高額の融資を受けることはできません。
多くの場合限度額30万円以下になります。ただ借入と返済のバランスを考えると、専業主婦にとっては利用しやすく丁度適切な限度額だといえるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠

給料日前、少しお金がピンチ!友達にお金を借りるってわけにもいかないし、どうしようかな、なんて悩んでしまう場面も多いのではないでしょうか。お金を借りたいと思った時に一番に思い浮かぶのは消費者金融の存在ですが、消費者金融は何となく怖い、新しく消費者金融と契約してまでお金を借りたいわけでもないし、と躊躇するする人もいるでしょう。

しかし、お金を借りるイコール消費者金融というわけでは決してありません。もっと手軽にキャッシングできる方法があります。今の時代、誰でもクレジットカードを一枚くらいは持っていますよね。カードで商品を購入するとポイントがついたりするので、多くのOLさんや主婦の方も持っていることでしょう。

そのクレジットカードにキャッシング枠がついていることがありますキャッシング枠のあるクレジットカードであれば、お金を借りることができます。ちょっとお金が必要な時には、一度ご自分のクレジットカードを確認してみてはいかがでしょうか。