自分に最適の銀行系カードローンの選び方とは

銀行系カードローンの人気が高まっています。銀行は社会的な信用度が高いので安心して利用できます。また借入条件がよく金利が低いので返済しやすいメリットがあります。また銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融系のような年収の3分の1以下という借入制限がありません。利息が低くて借入限度額が高いのは、お金を借りる上では理想的だといえます。なので最近は銀行系カードローンはおまとめローンなどにも広く活用されています。
ただ銀行系カードローンといっても、銀行や商品の種類によって金利や上限貸付額や返済月額などの個別の条件はまちまちです。そのため自分の都合や条件に合わせて、最適な銀行系カードローンを選択することが重要です。最近ではネットの比較サイトも充実しており判断の手助けになります。

条件がよいからといって必ずしも自分に合うとは限りません。銀行によっては審査条件が厳しくて、審査通過できない場合もあります。銀行系カードローンを選ぶときは、基本的に大手の有名銀行の中から選択するのが無難です。知名度が高く多くの人が利用して評判がよければ、かなり確実な情報で信頼性も高いといえるからです。

金利がもったいないと感じる人は低金利カードローンを探す

銀行からお金を借りると、どうしても金利がついてきます。
それが多額になると、金利が何%か違うだけで年間何千円の違いというパターンも出てきます。

インターネットの検索サイトで探すと金利の低いカードの紹介も出てきます。
金利の実質年率はその借りる利用者の信用によっても変わってきます。
カードローンを申し込む際に審査がありその結果にもよるので、みんな一緒とは限りません。
低金利のカードローンは多額のお金を借りる場合や、長い期間返済をする場合に検討するべきカードローンとなります。金利が低ければ支払う返済額も金利が低い分抑えられるのです。

支出が減れば家計も助かります。銀行でカードローンのパンフレットを見ると金利の記載がありますが、その時は高い方の数字を見比べてみるべきです。高い数字以上の金利を取られることはないものの、このくらいの金利を取られることを前提にカードローンを選ぶべきです。

それは普段使っている銀行のカードローンで満足できなければ、他の銀行のカードローンを検討するのも考えてみましょう。

カードローンの審査時間短縮化の現在

カードローンの審査に要する時間は、金融機関によって異なります。

一般的には、消費者金融ならわずか1時間程度で審査結果が分かるとされています。
それに対して、銀行カードローンの場合は1日から2日程度の時間が必要になることが多いと言われているのです。

ところが最近の銀行では、カードローンの審査時間がずいぶん短くなってきているみたいです。中には、消費者金融と同様に申し込みからわずか数時間で審査結果が分かる銀行もあるのです。

銀行カードローンの審査時間が短縮されると、急いでお金を借りたい方でも銀行が利用できるようになるという変化が生まれます。消費者と銀行のカードローンで審査時間の差がほとんどなくなると、利用者には選択肢が増えるというメリットが生じるのです。

今のカードローン商品では、審査はほとんどがコンピュータ化されています。昔は時間がかかっていた審査の大部分をコンピュータ化することで、審査全体の時間が劇的に短縮されました。同様に、審査後の融資手続きもコンピュータによって時短化されつつある銀行が増えています。

銀行系カードローンと総量規制

銀行系カードローンとその他のカードローンでは決定的な違いがあります。それは総量規制の対象になるかならないかです。銀行系カードローンでは総量規制の対象になりませんが、それ以外のカードローンは総量規制の対象になります。
総量規制は年収の三分の一以上の借り入れができないという制度ですが、この制度は改正貸金業法で規制される貸金業者に適用されるので銀行法で規制される銀行には適用されないということです。
しかし、勘違いしてはいけません。銀行系カードローンが総量規制の対象外であるから、銀行系カードローンが借りやすいというわけではありません。カードローンを申し込む人は信用情報機関の個人信用情報を参考にされますから、年収の三分の一以上の借り入れがすでにあるような人が銀行系カードローンを申し込んだとしても、審査に通過するということはまず不可能といっていいと思います。
甘い考えで銀行系カードローンを申し込むことは控えるべきでしょう。

銀行系カードローンなら専業主婦でも借入できる

専業主婦でも日頃お金が不足して困ることがあります。
子供の教育費や交際費や各種の支払いやお買い物など、様々なお金が必要となります。残念ながら専業主婦の場合は本人に収入がないので消費者金融系のキャッシングを利用できません。

2010年6月に改正貸金業法が完全施行されて総量規制が導入されたために、専業主婦は貸金業者から事実上お金を借りれなくなったのです。

でも銀行系カードローンなら専業主婦でも申込み可能です。
銀行は総量規制の対象外なので、収入のない専業主婦でも利用可能なのです。
しかも申込みもネットで24時間いつでも気軽にできます。
主婦の運転免許証1枚で契約可能で、夫の収入証明や同意書なども必要ありません。
なので夫に内緒でカードを作ってヘソクリ的にも使えるのです。

もちろん専業主婦が銀行系カードローンで高額の融資を受けることはできません。
多くの場合限度額30万円以下になります。ただ借入と返済のバランスを考えると、専業主婦にとっては利用しやすく丁度適切な限度額だといえるでしょう。